このページの本文へ移動

眼科一般検査(視機能評価)

眼科で保有視機能を判定しましょう
(1)視力検査をすることで
  • 視線の方向にある物の判別能力がわかります
  • 目の病気を発見するきっかけになります
  • 眼鏡などで改善できるかがわかります
(2)視野検査をすることで
  • 視界のどこが見やすいかがわかります
  • 病気の種類がわかることがあります
(3)色覚検査をすることで
  • 色の判別がどのくらいできるかがわかります
  • 病気で生じる色覚異常があるかわかります

クリックすると該当箇所にスクロールします

問診

眼科を初めて受診すると、診察の前に問診を受けます。まず、何が問題なのか、そして、それはいつから起きて、どのような経過を辿っているかについて詳しく聞かれます。これまでにどんな病気にかかったことがあるか、どんな薬を飲んでいるか、アレルギーを起こしたことがないかも治療に際して重要な情報です。さらに、ご家族で同様のご病気の方がいるかを知ることも、診断に必要な情報のため、聞かれる場合があります。

視力検査

眼科での視力検査では、裸眼視力と矯正視力を測ります。裸眼視力は、眼鏡などを使用しないで一定距離(日本では遠見視力を5m、近見視力を30cm)で測定したもので、矯正視力は、レンズを使ってどこまでよい視力がでるかを測定したものです。矯正視力は、充分な明るさの照明下で最もよく見えたときの視力ですが、必ずしもそのレンズを眼鏡として使えるわけではありません。また、遠見視力と近見視力は必ずしも一致しません。

矯正視力検査(遠見・近見)

矯正視力検査には、5mの距離と30cmの距離で測定する2種類があります。それぞれの距離では、最高視力を得るためのレンズの度数が異なります。特に、中高年の方では老眼が生じているため、必要なレンズの度数が大きく異なります。これらのレンズの度数は眼のレンズ自体の度数を示すものでもあるので、矯正視力検査は眼の屈折検査としての意味もあります。光学的補助具の選定にはこの値が大変参考になります。

眼圧検査

眼圧とは眼の内圧のことで、眼の硬さに関係します。正常値は10mmHgから21mmHgです。眼圧検査では、顎台に顎をのせて頭部を固定して測定します。多くの場合、いきなり風が眼に向かって吹き付けられる方法の器械が使用されています。あるいは、麻酔の目薬をさした後で医師が細隙灯顕微鏡を使って測定する場合もあります。麻酔の目薬はかなりしみます。しかし、緑内障の診断と経過観察には不可欠な検査です。

細隙灯顕微鏡検査

眼科では細隙灯顕微鏡という器械を使って眼の表面からやや奥を診察します。黒目の表面にある角膜などの透明な組織を見るために、暗室で細い光をあて、それで照らされた部分を観察します。顎台に顎をのせ、額をベルトに押しあてて頭部を固定して動かないようにして診察します。細胞が見えるほどの高倍率で観察するので診察中はじっと正面を見るようにしましょう。医師によっては、同じ器械で眼圧検査を行うこともあります。

眼底検査

眼科ではレンズと強い光源を使用して眼の奥を診察します。眼球を、瞳孔を入り口とする丸い壷に例えると、眼のフィルムにあたる網膜は壷の底にあたります。そこで、これを眼底といいます。ただし、眼科医が眼底という場合、底にあたる一部の範囲だけではなく、瞳孔から覗いて見える網膜表面の全範囲を指します。必要に応じて瞳孔を広げる点眼薬を使用して行いますが、この場合は検査後も、かなりまぶしい状態が4〜5時間続きます。

視野検査(動的量的・静的量的)

視野検査では、一定の明るさの背景光の上にどのくらいの光を上乗せすると違いがわかるかを視界の各部分で測定します。視力検査が見ている方向だけのはたらきを測定するのに対し、視野検査では測定する範囲に広がりがある点で大きく異なります。周辺の視野は、移動などの行動に大きく影響することがわかっています。視野検査には、コンピュータによる静的量的視野検査と従来から使用されている動的量的視野検査の2種があります。

眼底三次元画像解析検査

OCT(光干渉断層計)と呼ばれる眼底カメラを使って網膜の断層写真を撮ることができます。これにより、網膜の構造が顕微鏡で見たときのように把握でき、病気の診断にとても有用です。検査にはレーザー光が使われていますが、眩しさはほとんどなく、目への有害性は認められていません。また、この装置は、網膜疾患だけではなく緑内障の評価にも使用されています。

蛍光眼底造影検査

眼底の血管の状態を詳しく検査する方法です。静脈注射で体内に蛍光色素を入れた直後から10分後くらいまで連続して何枚も写真を撮ります。眼底の広い範囲を撮影するために、見る方向を変えて各眼とも10枚以上の写真を一気に撮ることもあります。痛くはありませんが、かなり眩しい検査です。蛍光色素が体質に合わないこともありますので、検査にあたっては、担当医とよくご相談ください。

網膜電図

網膜の神経がはたらいているかどうかを調べる検査です。網膜色素変性症の診断には欠かせません。瞳を点眼薬で広げて、真っ暗の部屋で暗がりに目を慣らしてから行います。目の中に大きな電極つきコンタクトを入れますが、痛み止めの点眼薬を使いますので痛くはありません。ピカッと目の前で光ります。いくつかのパターンでいろいろな光を見たときの反応を測定する場合もあります。

その他のロービジョン評価検査