このページの本文へ移動

心理相談

  • 視覚に障害を生じるとどんな方もがっかりします。喪失感、孤独感、無力感がつのります。
  • これらを乗り越えるには誰でも時間が必要です。時には専門家の心理カウンセリングが必要です。
  • 心理カウンセリングが必要なご家族もいます。

クリックすると該当箇所にスクロールします

心理カウンセリング

心理カウンセリングの目的は、利用者が自らに向き合い、それを通じて新しい理解や洞察に自発的にたどり着き、最終的には、その経験を生かして利用者が実生活の問題や悩みに主体的に相対していけるように導くことです。相談者は、よく話を聞き、共感を持って、私見を挟まずに利用者の問題点を整理します。似たものには、心理療法、心理コンサルテーション、コーチングなどがありますが、それぞれ異なるものです。

集団心理療法

臨床心理学の専門家が司会し、同じ問題を抱えた数名のグループで話し合いや活動を行い、 集団内の相互作用を治療に役立てる心理療法のことです。視覚障害を持つ方の間では、日常生活上で同じような問題が生じることが多く、一人で悩むよりも互いの経験を話し合うことで解決に繋がったり、解決できないものでも自分だけではないのだということを認識することで悩みが軽減します。

うつ傾向にある方との対応での注意点

うつ病になると、ほとんどの人が、死への思いを持ちます。自殺しないように、慎重な対応、接し方が必要です。自殺は、うつのどん底ではなく、その前後に起こりやすいことも要注意です。患者さんの困った言動は、その人のせいではなく症状だと理解した上で、冷静な対応ができるようにしましょう。励ましてはいけません。でも、どう接したらよいのでしょうか。「早く良くなれ」ではなく、「きっと良くなる」と接しましょう。

高次脳機能障害

高次脳機能障害は、脳の損傷によって起きる認知の障害全般のことです。特に記憶の障害、社会的な行動がうまくいかなくなる障害、何かをやろうとすることがうまくいかなくなる障害、注意を向けることがうまくいかなくなる障害の頻度が高く、これらは日常生活に及ぼす影響がとても大きいです。さらに、自分ではこの病気に気付いていないことが多く、それが原因で社会生活に支障をきたすことが少なくありません。

知的障害

知的障害は、法的には、発達期において知的な発達遅滞が生じ、その遅滞が明らかであり、その遅滞により適応行動が困難であることを要件として扱われることが多いです。脳の病気や外傷により発達期以降に生じた場合や老人の認知症は含まれません。しかし、知的に明らかな低下が視覚障害に合併すると視覚障害によって生じる日常生活行動への影響が倍増します。それは、失われた視覚の機能の多くを記憶が代償していることの現れです。