このページの本文へ移動

スポーツ支援

  • 視覚障害を持つ方は体力が低下しやすくなります。
  • 視覚障害の方の睡眠サイクルは崩れやすいです。
  • 視覚障害の方は成人病になりやすいといわれます。
  • これらの対策にスポーツは最適です。
  • 視覚障害を持つ方でもできるスポーツがあります。
  • 視覚障害の方のスポーツを支援する人がいます。

クリックすると該当箇所にスクロールします

視覚障害者スポーツサークル

目が不自由になっても楽しめるスポーツには、サウンドテーブルテニス、グランドソフトボール、フロアバレーボール、ゴールボール、ブラインドサッカー、ブラインドテニス、フリークライミング、セーリング、ジョギング、スキー、ブラインドゴルフ、フライングディスク、マラソン、水泳、柔道、登山などがあり、そういったサークルや協会があります。スポーツをすることで、健康が維持できたり生活に張りが生まれます。

視覚障害者スポーツ競技

障害特性を生かし、独自に開発された競技から、一般に行われている競技まで数多くの種目があります。陸上や水泳などの個人競技、ゴールボールなどの視覚障害同士のチーム競技、視覚障害者と晴眼者とが一緒にチームプレイを行うブラインドサッカーなど、多岐に渡ります。日常生活の中で生きがいや趣味としてスポーツを取り入れている人から、パラリンピックや各種国際大会のように、世界を舞台に活躍するトップアスリートまで、幅広い楽しみ方があります。

パラリンピック

4年毎に行われるオリンピックに引き続き同じ場所で行われる、障害者を対象としたスポーツの世界大会です。視覚障害者関連では、陸上、水泳、柔道、ゴールボール、5人制サッカー、タンデム自転車、ブラインドセーリングなどがあります。このうち、ゴールボールは視覚障害独自の競技で、ブラインドセーリングは他の障害者とチームを組んで行われます。冬季では、クロスカントリースキー、バイアスロンなどがあります。

サウンドテーブルテニス

視覚障害者用の卓球です。ネットを低くし周囲にフレームがついている卓球台の上を、金属球の入ったボールを転がしながらヒットしあう競技です。ラバーを張っていない木製のラケットを使用します。ボールから出る音を頼りにその位置を判断してプレーします。自分の球が、相手領から落ちたり、ネットにひっかかり相手エンドにとどかなかった場合などは相手の得点となります。

障害者スポーツセンター

障害のある人の健康増進や社会参加の促進を図るための施設で、スポーツ、レクリエーションなどを行えます。施設によっては、スポーツに関する医療相談やスポーツ教室なども開かれています。センターの利用は、身体障害者手帳などを持っている人やその介助者等を主な対象としています。センターによっては、スポーツだけではなく文化的な事業を行っているところもあります。