このページの本文へ移動

その他の社会活動支援

  • 視覚障害者の家族に対する支援があります。
  • 視覚障害者の会社の同僚に対する支援があります。
  • 同病の患者の会があります。
  • 患者の会への参加を支援してくれる人がいます。
  • 視覚障害者の方が相談を受ける場所があります。

クリックすると該当箇所にスクロールします

患者会等の紹介・参加支援

患者会への参加は、他の患者の仕事や生活上の工夫に関する情報を得るよい機会です。また、視覚に障害があっても元気に暮らしていけることを知る機会にもなります。自分の他に視覚に障害のある人に会ったことがないという患者さんが大勢います。会を紹介することでその後の生活にプラスに働くことがよくあります。クリニックの患者会、同じ疾患の患者会、地域内での会など、種類や規模は様々です。

ピアカウンセリング

ピアカウンセリング(Peer Counseling)とは、障害を持つ仲間(Peer)同士でカウンセリングをおこなうという意味です。これは、障害を持つ者のことは、同じ障害を持つ者が一番良く理解できるという考え方から始まりました。現在では、各地の身体障害者福祉センターなどに配置されています。